矯正専門医のいる病院

東京で外反母趾予防、矯正、改善を行っている整形外科、クリニックはたくさんあります。もちろん、整形外科ならば必ず矯正などの治療を行っていますよね。しかし、どこを選んだら良いか分からないという方、「日本足の外科学会」というものをご存知でしょうか。

こちらは1976年に旗揚げされた、足に関する外科医療をテーマにして、整形外科医を中心により良い医療環境づくりを尽力している学会です。いわば外反母趾予防、矯正、改善に関してもエキスパートと言えるでしょう。その会員である医師の所属する、東京エリアの一部のものをご紹介したいと思います。

医師:須田康文先生、早稲田明生先生
慶応義塾大学病院整形外科
所在地:160-8582 新宿区信濃町35

医師:桃原茂樹先生
東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター
所在地:162-0054 東京都新宿区河田町10-22

医師:山本謙吾先生
東京医科大学病院
所在地:160-0023 東京都新宿区西新宿6-7-1

医師:野口昌彦先生
東京女子医科大学病院
所在地:162-8666 東京都新宿区河田町8-1

上記はほんの一部です。日本足の外科学会所属の医師に矯正を頼みたいという方はぜひ一度当学会のホームページをご覧になって下さい。全国にいる会所属医師を都道府県で検索できるようになっています。診察、矯正をお願いするのならエキスパートに診てもらった方が安心できるかと思いますよ。

スポンサードリンク

東京に絞って探すには?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

サイトメニュー