バランス調整をテーピングで

テーピングによって外反母趾治療に効果をあげているという声も聞きますよね。これは、手術以外の治療方法として最もポピュラーなものの一つでしょう。

体重が足裏にかかる時のバランスを調整するようにテーピングで固定してやり、力のかかり具合のバランスを整えることで改善させるというものです。外反母趾の場合、合わない靴を長期にわたって履いていたことや、体の曲がり、骨盤の曲がりなどによって足裏にかかる負荷のバランスが一か所に集まることで引き起こされることが多いのです。

ですから、テーピングで正しいバランス位置に固定することで治療できるとされています。サポーターで固定する方法もあります。これらは、臨床実験などでも効果を上げていることから、手術以外の保存療法として病院などでも用いられる確かな方法と位置付けられているようです。

何回か教えてもらうと、自分でも貼れるようになるので覚えてしまえば非常にかんたんです。今まで靴を履くのが痛かったのがウソのように治ったという方もいるようです。しかし、これはゆっくりゆっくりと体、足のバランスを整えていくものですから、テーピングを貼らずに済むようになるまでには、もちろん個人差がありますが相当の期間を必要とするものでもあります。

しかしながら、手術によるデメリットとてんびんにかけた時、再発ということも少なくメスも使わない治療であるため、手術よりもまずテーピングを貼ってみる、サポーターを着けてみるという人も少なくありません。

スポンサードリンク

テーピングによる治療

スポンサードリンク

スポンサードリンク

サイトメニュー