足裏と体重負荷の関係

足裏にかかる負担が大きいと、様々なトラブルを引き起こします。なんせ足裏というのは体重の一番かかる場所なのですから、そのかかり方が歪んでいると足も歪んでいってしまうということなのです。その症状の一つが外反母趾だといえるでしょう。

一概には言えませんが、この歪みを修正しバランスを整えることで改善にある程度の効果があることは間違いないのでしょう。ですから、このバランスを整える方法としてサポーターテーピングなどで足裏などを固定する方法が用いられるのでしょう。そうすることで、姿勢から変わってくるようですよ。

手術以外で効果のある方法として用いられるテーピングですが、実は手術よりも効果があると唱える方もいます。手術はあくまで、足が曲がった、一部が隆起したから取り除いたという対処法に過ぎないというのです。ですから、再発もありうる。しかし、このテーピングやサポーターなどは、根本の原因である歪みを整えるものであるので、治療できる以上に原因を取り除くので再発などが無いというのです。

確かにそのような見方も出来るかもしれませんね。足、足裏、体などのバランスを治していくので装着期間などは長くなりがちですが、最も自然で健康的な治療方法と言えるかもしれませんね。

足裏のテーピング治療に関して、第一人者の笠原巌先生のカサハラ式テーピングというのが最も有名なものでしょう。一度、ホームページなどを検索されることをおすすめ致します。

スポンサードリンク

テーピングによる治療

スポンサードリンク

スポンサードリンク

サイトメニュー