日帰りDLMO手術

日帰り手術で、外反母趾の症状を改善することが出来るものについてご紹介します。

今までは、3か所を切開し親指の付け根の骨を切って、外に出っ張った骨を削り、プレートを入れて骨を固定するという大がかりなものが一般的でした。これは、2週間の入院と費用も15万円ほどかかっていました

テレビでも紹介されたことのある、超スピード手術というものがあります。これは、なんと20分で終了し、DLMO手術というものです。

これは、患部の親指の脇の皮膚を2cmほど切開し、キルシュナー鋼線という特殊な器具をそこから挿入。専用のカッターで骨を1か所切断し、曲がった骨を正常な位置に戻し、先ほどのキルシュナー鋼線で固定。そして、縫合するだけという簡単なものです。

入院も無く日帰りででき、すぐに歩けるということです。術後専用の患部を保護する靴を履けば日常生活にほぼ支障はなく治療できるようです。入院が無く日帰りですので、その分費用も安く抑えることができるようです。おおよそ、3万円くらいで済むようです。

この程度の費用、時間で症状が改善できる点からも一番良い方法であり、主流となってきているようです。ただし、主に軽度〜中度の外反母趾に用いられる手法であり、相当重度の場合はもっと大規模な手術をしなければならないようです。ですので、やはり早く診察を受けるということが何よりも大事なことかもしれません。

スポンサードリンク

手術方法などの紹介

スポンサードリンク

スポンサードリンク

サイトメニュー