手術方法のご紹介

記事一覧
  • 日帰りDLMO手術
  • 変形改善手術のデメリット

  • 日帰りDLMO手術

    日帰り手術で、外反母趾の症状を改善することが出来るものについてご紹介します。

    今までは、3か所を切開し親指の付け根の骨を切って、外に出っ張った骨を削り、プレートを入れて骨を固定するという大がかりなものが一般的でした。これは、2週間の入院と費用も15万円ほどかかっていました

    テレビでも紹介されたことのある、 ・・・

    日帰りDLMO手術 の続きを読む

    スポンサードリンク


    変形改善手術のデメリット

    変形した親指をメスを入れて治療することの、メリットとデメリットとはなんでしょうか。メリットとはもちろんご紹介するまでも無く、外反母趾による痛みや変形を改善することができるということでしょう。それでは、デメリットにはどんなものがあるでしょうか。いくつか紹介したいと思います。

    【デメリットのご紹介】

    ●メスによる切開となるため、傷跡が残る。
    ・・・医師の腕や症状の重度によっても異なります。

    ●術後、骨を切ったりしているため、その部分の関節の動きが小さくなってしまう。
    ・・・外反母趾中に比べすごく気になるほどのものでは無いです。

    ●術後の静養期間がある。
    ・・・DLMO法などでは、保護靴を履くと日常生活には支障がほとんどない。

    ●プレートや鋼線などの金属が患部に残ることになる。
    ・・・種類によっても ・・・

    変形改善手術のデメリット の続きを読む

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    サイトメニュー