大阪市淀川区のクリニック

外反母趾とは足の親指の付け根が内向きに変形してしまい、足の幅が広がってしまう状態のことです。外反母趾になってしまうと、痛みに悩まされたり靴が合わなくなってしまったりと日常生活に大きな影響が出てしまいます。

外反母趾になる原因は昔ではあまり履くこともなかった、ハイヒールやパンプス、靴下やストッキングを長時間履くことが増えたからだと言われています。現代では中年以降の女性の多くがこの悩みを抱えていると言われており、女性ならば誰もが他人事とは言えないものです。

どんな病気でもそうなのですが、外反母趾を治療する際には自分が信頼のおける病院で安心して治療を受けたいものです。

インターネットの普及が目覚ましい近年ですし、それらを上手く情報を収集し、治療を受ける病院を自分で選択することが大切です。それでは、インターネットの口コミ等で評判の大阪市淀川区クリニックを一つご紹介します。

大阪市淀川区にある「東洋医学治療センター」では体の不調全般の悩みを解決してくれる、クリニックです。外反母趾の治療も行っており、東洋医学の専門スタッフが西洋医学とはまた違った角度から症状に向き合ってくれます。重心位置を変えるテーピング治療と骨格の矯正を中心とした外反母趾治療を行っています。

住所は大阪府大阪市淀川区西宮原です。大阪市淀川区と都心部にあり、新大阪駅から徒歩で行ける立地の良さですので、大阪市淀川区付近にお住いの方は一度お電話をしてみることをおすすめします。

スポンサードリンク

大阪で有名な医院

スポンサードリンク

スポンサードリンク

サイトメニュー