バランスを整える

外反母趾とは足の親指の骨格が変形してしまっている状態のことです。外反母趾は中年の女性に最も多く、ハイヒールやパンプスなどの履きにくく歩きにくい靴により足にかかる負担がアンバランスになってしまうことが原因だと言われています。

外反母趾になり足指が変形してしまうと、歩く際に足が吸収するはずの衝撃がバランスよく吸収されず、腰や背中にまで負担がかかってしまい、ヘルニアなどを発症する原因となってしまうこともありますので、早期に治療されるのが望ましいでしょう。

外反母趾の治療を行っている病院は多々あり、どこで治療を受ければ良いかわからないという方も多いはずです。今ではインターネットの口コミなどを通して各病院の評価を容易に知ることが出来ます。

その中でも評判の良いクリニックをご紹介します。

大阪市にある「東洋医学治療センター」は東洋医学に精通したスタッフを揃えた、西洋医学とは違った視点を持つクリニックです。

外反母趾に関しては、歪んでしまった骨格の矯正とテーピング療法により足の重心のバランス整える治療を行っています。外反母趾治療はとにかく歪んでしまった足のバランスを整えることが重要です。

東洋医学的な角度からバランスを整えることで、根本から健康的な体を作っていけるという点がこのクリニックの強みのようです。

このように病院に関する情報の収集が昔に比べ容易となっている世の中です。まずは自分にぴったりと合う病院を探してみて下さい。

スポンサードリンク

大阪で有名な医院

スポンサードリンク

スポンサードリンク

サイトメニュー