ヘルニア治療は神戸の初村

外反母趾とヘルニアはどちらも名前を良く耳にするものであると思います。外反母趾は足の親指が付け根から曲がってしまい、強い痛みが出てしまうものです。そんな外反母趾とヘルニアは、一見するとあまり関係のないもののように思えますね。

しかし、実は外反母趾はヘルニアの原因の一つなのです。

そもそもヘルニアは、腰の椎間板が変形し、神経を圧迫することで痛み等の症状を引き起こすものです。外反母趾によって歩いている際の足のバランスが悪くなってしまうと、地面から受ける衝撃を吸収出来ずに上半身に負担をかけてしまいます。

この衝撃は思いの外強いもので、これを毎日ダイレクトに受けてしまった腰の椎間板は歪んできてしまい、最終的にはヘルニアになってしまうというわけです。

このように外反母趾とヘルニアには密接な関係があります。原因に関係性があるということは、治療にも関係性があるということです。

外反母趾を治療することはヘルニアの治療にも良い影響を及ぼします。歩く際に、足が「かかと・指の付け根・指」と3点をバランスよく使うことが出来れば、椎間板への負担が軽くなり、治療中のヘルニアの悪化を防ぐことが出来るのです。

その二つを治療する際には、どちらの治療も行えるクリニックで並行して治療するのも良いかもしれません。神戸の「初村筋整復院」はこの二つの治療をはじめてした、さまざまな症状に関する施術を行っているクリニックとして有名なようです。

神戸付近にお住まいで、お悩みの方は一度相談されてみると良いでしょう。

スポンサードリンク

神戸の有名院

スポンサードリンク

スポンサードリンク

サイトメニュー