自宅で改善

外反母趾の治療のステップとして、まずはテーピングやソックスを使用した「保存療法」を行います。歪んでしまった足指のバランスを整え、痛みを改善することを目的とします。

外反母趾は完治の難しい疾患ですので、ここで症状が改善しない場合最終的に「手術療法」を受けることになります。

完治が難しい外反母趾ですが、病院だけでなく自宅でも治療の一部を行うという意識を持つことで、少しでも結果は違ってくるかもしれません。

代表的な方法としては、市販品としても多く流通しているフットケアのソックスやストッキングなどがあります。足の指を良い状態に整え、本来あるべきバランスに戻します。

ただ、これらは掛かりつけの病院での「保存療法」ですでに取り組んでいる可能性もありますので、お医者さんと良く相談する必要があります。

またその他に、足裏の筋肉の強化や、衝撃・負担を受けるバランスを改善するための体操やマッサージがあります。

外反母趾の原因としては足裏の筋肉の衰えやバランスの低下がありますので、これらの体操やマッサージを習慣化することで、病院で受ける外反母趾の治療を助け、症状を改善しやすい状態を自力で作ります。

しかし、この場合も素人の間違った方法で行ってしまうと余計に症状を悪化させてしまうことがありますので、お医者さんと相談して正しい方法で行った方が良いでしょう。

このように自宅でできる外反母趾治療はいくつか存在します。外反母趾に自力で立ち向かい、症状を改善しようという意識は長い治療期間を乗り切るために大切なことです。

スポンサードリンク

自宅での保存療法とは

スポンサードリンク

スポンサードリンク

サイトメニュー