早めの改善ならお手軽にできる

痛みを改善するための最終手段、そして大きく曲がってしまった外反母趾を改善する最終方法としては、やはり手術しかないようです。そうなる前に原因対策をきちんとしていれば、手術せずに済むのにもったいないというか残念です。

DLMO法という超スピード手術方法を使うと20分で終わり、改善されるとはいったもののやはりメスを入れなければならないのは事実です。そしてDLMO手術であっても、これまでの外反母趾手術のように大きなプレートが残るようなことは無くても、体にキルシュナー鋼線という金属が残るのも事実です。年齢を重ねると何かしら、支障が出てきてしまう可能性もなきにしもあらずですよね。

ですから、放置せずにできるだけ早めの診察を受けなければなりません。対処が早ければ早いほど、軽いストレッチで済んだり、テーピングなどの治療法やグッズを使用するだけで改善できたりという可能性は高いのですから。

『かんたんストレッチ外反母趾・巻き爪が治る本』にも紹介されていますが、一日5分のストレッチ、マッサージで痛みが消え、歪みまでも改善されるという実績もあるのですから、これなら誰でもお手軽にできますし、放っておいて手術をしなければならないようになるなんてバカらしくなってしまいますよね。

外反母趾の場合、原因特定は割とかんたんでその対処法も特定できますので、是非早めに病院へ行って診察を受けたいものです。めんどくさがってると痛い目を見ることになりそうですからね。

スポンサードリンク

痛みを改善したい

スポンサードリンク

スポンサードリンク

サイトメニュー