手術は足の外科学会をチェック

外反母趾を治療する際に最も一般的なのが、装具等を使用した「保存療法」です。

しかし、この治療法で効果が得られないという方も数多く存在します。そんな人に対しての最終的な治療法が「手術療法」です。

外反母趾の手術療法は18世紀ごろから行われていました。様々な方法が考案されており、その数は100種類以上とも言われています。

外反母趾は両足共に発症することが多く、手術を行う際には数日の入院が必要となってしまうことが多いようですが、近年では医療の進歩により、軽度の外反母趾ならば極力切開する範囲を狭めて日帰りで手術を行うことも出来るようになりました。

しかし、やはり手術を受けるということは様々な不安が付き纏うものですので、執刀してもらう病院選びは慎重に行いたいものです。

一例として、外反母趾の手術療法に関して評判の高い千葉の病院を紹介します。

千葉大学大学院医学研究院整形外科学「足の外科グループ」は足に関する疾患であれば、広い範囲で診療を行ってくれる足の専門病院です。

日本整形外科学会専門医、日本リハビリテーション医学会専門医、日本足の外科学会会員が診療に当たっており、保存療法・手術療法ともに行っていますがその高い専門性には定評があり、安心して手術を任せることができる病院と言えるでしょう。

メディアで取り上げられたこともあり、地元の評判と合わせて実力はお墨付きです。

このように評判の良い病院の多くはインターネット等で簡単に調べることが出来ます。自分が信頼できると感じる病院を探してみて下さい。

スポンサードリンク

仙台の優秀な病院は?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

サイトメニュー