千葉の病院選び

中年以降の、特に女性は体に様々な不調を抱えるようになってしまいます。

外反母趾もその一つで、日常生活にも支障をきたしてしまいます。

外反母趾はヒールやパンプスなどの常用により足に不自然な負荷が掛かることが原因で足指が内側に歪んでしまった状態を指します。歩くたびに痛み、また足の横幅も広がってしまうために日常に影響が出てしまうのです。

また、外反母趾はヘルニアの原因となってしまうこともあるため異変を感じたらすぐに治療を始める必要があります。

現在、外反母趾患者は増加し続けており、外反母趾治療を行っている病院も昔に比べかなり多くなっています。

西洋医学、東洋医学、矯正や手術など病院ごとに治療方針は様々なものがあります。そんな全国に存在する外反母趾治療を行う病院の中から、千葉県の有名な病院を紹介します。

・千葉大学大学院医学研究院整形外科学「足の外科グループ」
外反母趾や足部奇形など足に関する様々な疾患を専門としている整形外科です。
外反母趾の治療は装具を用いた保存療法と手術療法が中心です。

・千葉大学医学部附属病院整形外科
外反母趾の専門医、「日本足の外科学会会員」が勤務する病院。
外反母趾の専門医が親身に診療をしてくれる信頼度の高い場所です。

・東邦大学医療センター佐倉病院整形外科
こちらも「日本足の外科学会会員」の勤務する整形外科です。
保存的装具療法を中心に行っています。

このような情報はインターネットで手軽に調べることが出来ます。どう治療するかという自分自身の考えを基に、それにあった医療機関を探してみると良いでしょう。

スポンサードリンク

千葉の足の外科グループ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

サイトメニュー