病院での改善手術

外反母趾を整形外科などで改善する方法や、手術などについてご紹介したいと思います。

まず、曲がった親指を装具や、靴などで予防していくことが方法としてとられますが、これで治療出来ない場合や重度の症状の為、痛くて靴などが履けない場合に改善のため、\手術を受けることとなります。それでは、どのような方法となるのでしょうか。

●軟部組織矯正術(Mcbride法)
●中足骨骨切り術(Mann法、Mitchell法)
●基節骨骨切り術(Keller法、Akin法)
●関節固定手術
●関節形成手術

症状、重度に合わせて、主に上記のような改善手術方法が用いられるようです。近年では、例え骨切りのような重い手術であっても、局所麻酔だけで済み、日帰りで改善できるようなものが主流となってきているようです。

軽度の外反母趾であっても、一度整形外科などの医師のもと、診察を受けておかれることをおすすめ致します。軽度でも放っておくと、どんどん曲がりや痛みがひどくなって上記に紹介したような手術をしなければならない状態になってしまうこともあるようですので、早めの改善が大事になってきます。

インターネット上には、「外反母趾 病院」で検索すると、東京・埼玉・神奈川などの関東、大阪などの関西、福岡などの九州、仙台などの東北、名古屋などの中部地方など全国のおすすめの病院を紹介したサイトもありますので、是非一度ご覧になってみて下さい。

スポンサードリンク

病院での治療・改善方法

スポンサードリンク

スポンサードリンク

サイトメニュー