自分での治療も、まずは病院で診察を

整形外科などに頼らず、自分で外反母趾を改善したいという人の為に、装具や靴、インソールなどなど様々な種類のグッズが販売されています。これらを使って実際に痛みが軽減された、予防ができたという声も耳にします。整形外科での手術というのは最終手段であり、そこまで症状がひどくなる前に色々と自分で色んな自己改善方法を試してみる傾向にあるようですね。

確かに、フットケアストレッチでも改善されたという声も聞きます。特に安価で自分で簡単にできることから、セパレータというゴムを両足の親指にかけて引っ張りあうというストレッチ方法も良く使われているようです。

しかし、あくまで医療的な診察を受けてから行うようにした方が賢明でしょう。特に、装具を着けている時、自分でストレッチしている時の痛みや違和感には気を付けないといけません。痛みが外反母趾に効いている証拠だと錯覚して、無理におこなっていると更に負担をかけてしまっていて、症状がひどくなってしまう場合があります。

手術するとかしないとかは置いといて、診察を受けて自分でできる改善方法や装具の紹介やアドバイスをもらいながら、治療に臨んだ方がはるかに効率的ではありますよね。

そして痛みが緩和されたといって、途中でストレッチや装具などをやめると再発する場合もあるようです。そうなると、原因というものはご自分でなかなか判断できるものではないと思います。まずは、診察を。

スポンサードリンク

病院での治療・改善方法

スポンサードリンク

スポンサードリンク

サイトメニュー